ブルーマックス エターナルの製作

今まで20クラスの機体しか作ったことがなかったのではじめての60クラスのスタント競技機の製作です。
自分なりの作り方なのであくまでも参考程度です。

届いたキットはこのぐらいの大きさで下は1mの定規です。
完成写真と機体の諸元が書いてありますがインチなんで25.4mmで換算して下さい。
中身はほぼぎっしりと詰まっています。
上2本が後縁材で硬めのバルサでかなり曲がっています.中の2本は前縁材で軽めのバルサでそこそこ曲がっています。下の2本はメープルのエンジンマウント材ですが今回は電動なので使いません。
ジュラ脚(59g)とキャノピー(18g)とハードウエアーのパック(101g)。重さはこの状態での計測
上はプッシュロッド用のカーボンパイプですが短いのが入っていないようです。ハードウエアのパックの中身はこのようのものがあります。
ベルクランクはカーボン製で厚みもあり大変よくできています。
上がフラップホーンで下がエレベーターホーンですがオプションのものを使う予定です。
バルサ材その1 胴体ホイルパンツなど
リブなど
これもリブ
水平安定板や翼端材など 左下は3mmのベニヤ製です。
エレベーターやフラップなど
上の4枚は前縁プランク材下は中央プランク材だと思います。

バルサは軽めで良い材料が使ってあると思います。この木材を計りに乗せると1031gでした。この後2時間ほどかけて部品を切り離しましたが綺麗に切れていない部分が多く結構大変でした。必要な部品だけを計ってみるとエンジンマウント材は別で624gとなりした。 
水平安定板の材料を図面に載せてみると前後も左右も2〜3mm小さいので補強を兼ねて後縁材の前側に中央は17。5cm翼端はその幅だけ1.5mmベニヤを貼り付けて少し大きくしました。後縁材は張り合わせる前にヒンジが付く部分をルーターで削っておきました、後から掘るのは大変ですからね。
以前は無かったようですがこのキットではたくさんのトラス材を入れるようになっています。この状態で76g。
ホイルパンツの材料です。中央の部材は青い線のあたりがタイヤに当たるので削る必要があります。
高粘度の瞬間でペタペタと張り合わせるだけで簡単ですが2個を同じように仕上げるのは結構大変そうです。
翼端材です。これも張り合わせ。
リブに貼り付ける面とスパーの位置を合わせると良いでしょう。可動式のリードアウトガイドはバルサの粉と瞬間低年度で固定。
胴体側板の前後を繋ぎますがしっかり隙間があります、削って修正するのも面倒なので隙間にバルサの削り粉をすり込んで瞬間で固めてOK.前部の内張り補強材と水平安定板の補強を木工ボンドで接着。胴枠の位置などを書き込み。
垂直尾翼は張り合わせるだけで簡単ですがカットの面が斜めになっているので修正が必要。
スパー材には1面だけカーボンのフラットバーを貼り付けました(手持ちの材料が有ったほど)。リブの溝がスカスカなのでこれで程よいきつさになりました、ただ深さ方向は1mmぐらいの隙間があります。この補強で15gほど+。
後縁材を基準で組み立てましたがリブの材料が華奢なのであちらこちらが割れて大変でした。
後縁材の接着は平板なので問題なしでしたが上面の前縁材のプランクではつい力をかけすぎてリブの足がかなり折れて大大変。
前縁材のプランクの方法はこれでよいと思います。
下面のプランクでねじれのない翼になるかが決まるので冶具を使って組み立てようと思います。
後縁材を貼ってから気付きました。プランク材は後縁材に突き付けにしないといけなかったんだ。表現が難しいですがこの写真のやり方は間違いです。
ベルクランクのリードアウトワイヤーの取り付け。
いろいろな方法が有るようですが銅管を使うことにします。ラジコンで使うワイヤーリンケージのパーツの余りにちょうどよさそうな銅パイプを見つけたので。パイプを炙ってなめして柔らかくしてワイヤーを通してドライバーに巻きつけるときれいなRが出来ました。
ワイヤーは2cmほど銅線を巻いて半田付けしました。ワイヤー端は1cm程折り返してあります。